女優生産

今日は九州ではなかなかお目にかかれないバラを少しご紹介しようと思います。

 

徳島県の海陽町、こちらに岡松ローズさんというバラの圃場があります。

5800坪で栽培されるバラはどれもこれも個性的なバラで、オリジナルの品種を幾つも作られています。

今日はそんな珍しい品種をほんの一部ですがご紹介いたしましょう。

 

こちらは「モモティ」というバラです。

薄いベージュがかった色味と濃いめのピンクのコントラストが特徴ですね。

岡松さんのお嬢さんが名付け親だそうです。

可愛らしい♪

 

そして一番左の紫がかったバラは「オッポセンター」

季節によっては、もっとくすんだピンクが載る感じに色が出ます。

 

2番目のオレンジバラが「インテンデンス」

こちらはネットで検索しても、画像は出てこないのではないかと思いますので、是非覚えて下さいませ。

薄いオレンジと濃いオレンジのグラデーションが織りなす、秋にはピッタリなカラー。

 

そして3番目が「GP」

名前の由来は未だ不明ですが、何かの略かなーと勝手に想像中です。

 

そして4番目が「赤提灯」

丸々とした真っ赤なバラですね。これはまさしく赤提灯。

 

そして、最後にこの2枚を。

赤紫のこのバラは、最近になって見かけるようになった「愛染」というバラです。

藍染めが有名な土地柄、命名された染めつけた様な色味のバラです。

 

ラストがピンクに絞りが入った様なカラーの「彪」

読めますか?「ヒョウ」ですね。

ピンクパンサーと名付けなかったのは、ピンクパルサーというバラを生産されていらっしゃるからでしょうか、とても優しげなバラです。

 

名前も面白く特徴的ですが、岡松さんの経営理念には、女優の様なバラを作って手に取るお客様を女優にしますとあります。

きりりとしたバラもあれば、ほわんとしたバラまで様々。

機会があれば是非こちらのバラを楽しんでみて下さい。

 

明日からあなたも女優デビュー!!

0