七十二候

立春
初候 01候 東風凍を解く(はるかぜこおりをとく)
次候 02候 うぐいす鳴く(うぐいすなく)
末候 03候 魚氷を上る(うおこおりをいずる)

雨水
初候 04候 土脉潤い起こる(どみゃくうるおいおこる)
次候 05候 霞始めてたなびく(かすみはじめてたなびく)
末候 06候 草木萌え動る(そうもくめばえいずる)

啓蟄
初候 07候 すごもりの虫戸を開く(すごもりむしとをひらく)
次候 08候 桃始めてさく(ももはじめてさく)
末候 09候 菜虫蝶となる(なむしちょうとなる)

春分
初候 10候 雀始めて巣くう(すずめはじめてすくう)
次候 11候 桜始めて開く(さくらはじめてひらく)
末候 12候 雷乃ち声を発す(かみなりすなわちこえをはっす)

清明
初候 13候 玄鳥至る(つばめいたる)
次候 14候 鴻雁かえる(こうがんかえる)
末候 15候 虹始めてあらわる(にじはじめてあらわる)

穀雨
初候 16候 葭始めて生ず(あしはじめてしょうず)
次候 17候 霜止で苗出ずる(しもやんでなえいずる)
末候 18候 牡丹はなさく(ぼたんはなさく)

立夏
初候       19候 蛙始めて鳴く(かわずはじめてなく)
次候       20候 みみず出ずる(みみずいずる)
末候       21候 竹のこ生ず(たけのこしょうず)

小満
初候 22候 蚕起きて桑を食む(かいこおきてくわをはむ)
次候 23候 紅花栄う(べにばなさかう)
末候 24候 麦秋至る(むぎのときいたる)

芒種
初候 25候 蟷螂生ず(かまきりしょうず)
次候 26候 腐れたる草蛍となる(くされたるくさほたるとなる)
末候 27候 梅のみ黄ばむ(うめのみきばむ)

夏至
初候 28候 乃東枯る(なつかれくさかるる)
次候 29候 菖蒲はなさく(あやめはなさく)
末候 30候 半夏生ず (はんげしょうず)

小暑
初候 31候 温風至る(あつかぜいたる)
次候 32候 蓮始めて開く(はすはじめてひらく)
末候 33候 鷹乃ちわざをならう(たかすなわちわざをならう)

大暑
初候 34候 桐始めて花を結ぶ(きりはじめてはなをむすぶ)
次候 35候 土潤いてむし暑し(つちうるおいてむしあつし)
末候 36候 大雨時々に降る(だいうときどきにふる)

立秋
初候 37候 涼風至る(すずかぜいたる)
次候 38候 寒蝉鳴く(ひぐらしなく)
末候 39候 深き霧まとう(ふかききりまとう)

処暑
初候 40候 綿のはなしべ開く(わたのはなしべひらく)
次候 41候 天地始めてさむし(てんちはじめてさむし)
末候 42候 禾乃ちみのる(こくものすなわちみのる)

白露
初候 43候 草露白し(くさつゆしろし)
次候 44候 鶺鴒鳴く(せきれいなく)
末候 45候 玄鳥去る(つばめさる)

秋分
初候 46候 雷乃ち声を収む(かみなりすなわちこえをおさむ)
次候 47候 虫かくれて戸をふさぐ(むしかくれてとをふさぐ)
末候 48候 水始めて涸る(みずはじめてかるる)

寒露
初候 49候 鴻雁来る(こうがんきたる)
次候 50候 菊花開く(きくのはなひらく)
末候 51候 蟋蟀戸にあり(きりぎりすとにあり)

霜降
初候 52候 霜始めて降る(しもはじめてふる)
次候 53候 小雨ときどきふる(こさめときどきふる)
末候 54候 楓蔦黄ばむ(もみじつたきばむ)

立冬
初候 55候 山茶始めて開く(つばきはじめてひらく)
次候 56候 地始めて凍る(ちはじめてこおる)
末候 57候 金盞香(きんせんかさく)

小雪
初候 58候 虹かくれて見えず(にじかくれてみえず)
次候 59候 朔風葉を払う(きたかぜこのはをはらう)
末候 60候 橘始めて黄ばむ(たちばなはじめてきばむ)

大雪
初候 61候 閉塞冬となる(そらさむくふゆとなる)
次候 62候 熊穴にこもる(くまあなにこもる)
末候 63候 さけの魚群がる(さけのうおむらがる)

冬至
初候 64候 乃東生ず(なつかれくさしょうず)
次候 65候 さわしかの角おつる(さわしかのつのおつる)
末候 66候 雪下りて麦のびる(ゆきわたりてむぎのびる)

小寒
初候 67候 芹乃ち栄う(せりすなわちさかう)
次候 68候 泉水温をふくむ(しみずあたたかをふくむ)
末候 69候 雉始めてなく(きじはじめてなく)

大寒
初候 70候 蕗の華さく(ふきのはなさく)
次候 71候 水沢氷つめる(さわみずこおりつめる)
末候 72候 鶏始めてとやにつく(にわとりはじめてとやにつく)

七十二候は二十四節気の各節気をさらに3つの候に細分し、季節の移ろいを気象や動植物の成長・行動などに託して表したものです。ただ、一候が5日程度と短いため地域差や年毎の気候の違いにより、現実とはそぐわないことも多いので、あくまで目安と考えて下さい。また、七十二候は中国で生まれたものですが、日本に伝わってから気候の違いや日本に生息しない動植物などの名前を入れ替えるなど、時代や編者により多くの版があり、どれが正しいとは言えないのが現状です。上の表は明治時代の伊勢神宮略本暦に記載されたものに準拠しました(既に読むことの難しい漢字や意味がわかりにくくなっているものは、意味を優先して文字遣い等を変更致しました)。七十二候の日付の計算は定気法により、地球中心における太陽の視黄経を 5°毎(0~355)に区切り、これを通過する日本標準時の日付として計算しました(当初は、初候のみ定気法により、次候、末候は初候の 5、10日後としていたものを、2007/9/5に現在の方式に変更)。

1+